ちゅらトゥースホワイトニングで歯磨き!!

ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨こう!

ちゅらトゥースホワイトニングで歯磨き

ちゅらトゥースホワイトニングでレッツブラッシング♪

芸能人の川村ひかるさんが愛用していること、
歯が白くなったという口コミで評判なちゅらトゥース。

 

私自身、ちゅらトゥースで歯を磨くようになってから、
毎日の歯磨きが楽しくて仕方ないんです☆でも・・・

 

あのまま歯を磨いていたら危なかった・・・

 

と思うようなことがありました。というのも、ちゅらトゥース自体は、
歯を白くする成分がふんだんに含まれているのですが、
いくら、効果効能の高いホワイトニング歯磨き粉を使っていても、
肝心の歯磨きの方法が間違っていたら、効果を十分に発揮することができません。
つまり、間違った歯磨きの方法では

 

ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨いても白くならない

 

ということです。繰り返しますが、ちゅらトゥース自体は、
歯を白くするための効果効能がたくさん含まれていて、
しかも、厚生労働省の認可を受けた『指定医薬部外品』なので、
安心して使っていいんですけど、間違った使い方をしていたら、
いつまで経っても白くならないかもしれません。

 

かの有名なP.F.ドラッカーはこのようなことを言っています。

 

『問題なのは「正しい問題に間違った答えを出すこと」ではない。
「間違った問題に正しい答えを出すこと」だ。』

 

何だか突然、学校のテストみたいな文章になってしまいましたが(笑)
これは本当に真理だと思います。

 

歯磨きに限らず、人生全般においてとても重要なことだと思います。
ここで、文学的なことを語るつもりはないので、ドラッカーのことや、
こうした名言について気になる方はgoogleで色々と調べてみて下さい。

 

とにかく。そのドラッカーの言葉をお借りすると、

 

「間違った方法で正しい歯磨き粉を使っても白くならない!」

 

ということなんです。なのでここで、正しい歯磨きを確認してみましょう!!

 

歯ブラシは水につけない!!

あなたは歯磨きをする前に、歯ブラシに水をつけていたり、しませんか??
そういう私も、完全にそうしていた口なんでけど(笑)

 

歯ブラシに水を付けてから、歯磨き粉を乗っけて歯を磨くと、
歯磨き粉の成分が薄くなってしまいます。

 

なので、効果を十分に発揮することができず、白くならないんです。
歯を磨くときの歯ブラシは乾いた状態で使うように心がけましょう。

 

 

歯ブラシは5mm間隔で磨く

あなたはすごい音を立てながら「シャカシャカシャカシャカ」、
「ゴシゴシゴシゴシ」歯を磨いていませんか??

 

これでは、歯が白くならないどころか、逆効果になってしまう危険性があるんです。
力いっぱい歯を磨くと当然歯を痛めることになります。

 

歯にダメージがあると、歯に凹凸ができてしまいます。
凹凸ができると、歯の隙間に食べカスや飲み物がこびりついてしまうんです。

 

そうして、長い間蓄積されたステインがあなたの歯を変色させてしまうんです。
一生懸命歯を磨いているのに、白くならないのにはそんな理由があるんです。
歯を磨くときは力を込めずに、優しく、2本の歯を5mm間隔で磨くようにしましょう。

 

 

歯ブラシは斜め45度に当てる

歯を白くする上では、歯の表面をしっかりと磨くことももちろん大切ですが、
歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間をきちんとブラッシングすることも重要です。

 

歯と歯茎は繋がっています。歯茎が健康でなければ、歯も健康にはなりません。
歯茎のケアを怠っていると、歯周病、歯槽膿漏になってしまい、
歯がボロボロになってしまいます。

 

だからこそ、歯ブラシを斜め45度に当てて、歯と歯茎の間も、
しっかりブラッシングしてあげることも重要なんです。
そうでないと中々歯は白くならないんです。

 

 

ホワイトニングは正しい歯磨きから始まる!!

いかがでしたか??ちょっと長ったらしい文章になってしまいましたが、
歯を白くするためには、正しい歯磨きが不可欠です。

 

ちゅらトゥースを使うにしてもそうでないにしても、
ここで一度正しい歯磨きができているか、しっかり確認してみて下さいね(^^)

 

 

正しい歯磨き ができたら、正しいホワイトニングを!!

ちゅらトゥースの詳細はこちらをクリック!!

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ。歯を白くしたいならこれ!