ちゅらトゥースホワイトニングの口コミの紹介!

ちゅらトゥースホワイトニングと電動歯ブラシ

ちゅらトゥースホワイトニングと電動歯ブラシ

あなたは、普段、歯磨きって何でしてますか??

 

『歯ブラシに決まってるだろ!!わかりきったこと聞かないでよ!!』

 

と、もしかしたら、あなたは思われたかもしれませんね(笑)

 

と、まぁ、冗談はさておき。

 

歯磨きを、普通の歯ブラシでするか、電動歯ブラシでするかというのは結構重要な問題です。

 

確かに、電動歯ブラシで歯を磨いた方が良いような気がしますが、よく言われるのがこの2点。

 

価格が高い!!

面倒!!

 

確かに電動歯ブラシって価格がお高めなイメージがあります。

 

ただ私自身、最近知って驚いたんですけど今、電動歯ブラシって安いのは

 

 

398円(税抜)で買える!

価格に驚き

 

んです。知ってました??いやぁ、衝撃的ですよね!!

 

私もド〇・キ〇ホーテでその電動歯ブラシをを見つけて、即効で買ってしまったんですけど、別に普通なんですよ。

 

回転数が少ないとかそんなことなくて、普通の電動歯ブラシとして使えます。便利な世の中になりましたね〜。

 

さて、本題。ちゅらトゥースホワイトニングを電動歯ブラシで磨くべきかどうか、ということなんですけど、結論から言いましょう。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは電動歯ブラシで使った方が良い☆

 

ということになります。結局電動歯ブラシの方が、普通の歯磨きでは磨き切れないような細かい汚れも、しっかり落としてくれるので、よりホワイトニングの相乗効果が高まるんです。

 

ただ、そんな便利で、効果の高い電動歯ブラシも、間違った使い方をすると、逆に歯を傷める原因になってしまいます。

 

力を入れすぎると逆に歯を痛めてしまう

 

電動歯ブラシは、使っている本人にはわからないかもしれませんが、結構な力があります。

 

なので、ちゃんと正しく使うことができれば問題ないのですが、力を入れて歯に押し付けたりしていると歯を痛めることになってしまいます。

 

歯を痛めると、凹凸ができてしまい、そこに汚れが入り込んでしまい中々落ちません。

 

そうすると、結局歯が黄ばんでしまうんです。そんな悪循環を生みださないためにも、適度な力で利用する、というのを心がけましょう。

 

続けられなきゃ意味がない

 

慣れればなんてことないんですけど、電動歯ブラシはやはり、若干手間がかかるキライがあります。

 

普通はサッと磨いて、自分のペースで終わらせることができるのですが、電動歯ブラシは、ゆっくりと一本一本の歯を丁寧に磨いていくイメージになります。

 

そのため、気が短い人にとっては、ちょっと億劫になってしまうかもしれません。

 

それで結局、ちゅらトゥースホワイトニングの利用そのものをやめてしまったら、元も子もありません。

 

なので、続けられるようであれば、電動歯ブラシの方が良いのですが、続けるのが苦痛になってやめてしまうくらいなら、普通の歯ブラシで『継続的に』ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨いていった方が良いと思います。

 

より高いホワイトニング効果を得られるのは電動歯ブラシの利用!!

 

ちゅらトゥースホワイトニングより詳しい情報はこちらから。
ちゅらトゥースホワイトニングの口コミをご紹介!!

 

電動歯ブラシの正しい使い方

 

ここまで、電動歯ブラシの魅力と、ちゅらトゥースホワイトニングとの組み合わせについて書いてきました。

 

では、単純に電動歯ブラシで歯を磨けば良いのか??

 

っていうのと一概にそれだけとは言えません。

 

なぜなら、電動歯ブラシで歯を磨くということは、多かれ少なかれ歯にダメージを与えることになるからです。

 

だからこそ。ちゅらトゥースホワイトニングを使うにしても、使わないにしても、電動歯ブラシの正しい使い方をマスターしておくことが非常に大切なことです。

 

1.口に入れてからスイッチON

 

2.歯に軽く当てる

 

3.歯に当てる角度

 

4.ゆっくりスライドさせる

 

(中略)

 

磨き方の基本ができていなければ、どんなに高性能な歯ブラシを使っても十分な効果が得られないばかりか、逆にパワーの強い電動歯ブラシによって歯や歯茎を傷めてしまうことになりかねません。

 

出典:電動歯ブラシの使い方を誤解していませんか | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

身も凍るような言葉ですね(笑)

 

このように、たかが電動歯ブラシとは言え、使い方を間違えると、後で大変になってしまうということを歯科医師も言っています。

 

歯に取り返しのつかない深刻な事態がなる前に電動歯ブラシの使用方法をぜひ、確認してみて下さいね!