ちゅらトゥースホワイトニングの口コミの紹介!

ちゅらトゥースホワイトニングの使い方を徹底解説!

ちゅらトゥースホワイトニングの使い方

 

少なくとも、私は悩みました
ちゅらトゥースホワイトニングの使い方がわからずに・・・。

 

どうも!ちゅらトゥースホワイトニングを愛用しているK.Tと申します。
ちゅらトゥースホワイトニング使い始めて早いもので3ヶ月くらい経とうとしています。
しみじみ(笑)と、そんな僕の思い出話はどうでもよくて(笑)

 

今でこそ、使い慣れて何の気なしにちゅらトゥースホワイトニングで毎日歯を磨いているのですが、
購入したては使い方がわからず、悪戦苦闘しました・・・。

 

もしかしたら、ちゅらトゥースホワイトニングを購入したての方は、
私と同じように使い方に苦悩しているかもしれないので、
そんなあなたのために、ちゅらトゥースホワイトニングの使い方を解説していきたいと思います。

 

箱から取り出したちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングの本体

 

取り出してみた感じは意外とオシャレ!!
写真では伝わり切らないかもしれませんが、サイズ的にも、
手で軽く持てるくらいなのでちょうどいいです。持ち運びにも最適!!

 

ではさっそく、ちゅらトゥースホワイトニングを使ってみましょう♪

 

まずはジェルを注入♪

ちゅらトゥースホワイトニングの注入

本体上部のシリコンの部分をギュッと指でつまむと、
本体のビーカー部分にちゅらトゥースホワイトニングの
ホワイトニングジェルが注入されます。

 

取り出すとこんな感じ。

ちゅらトゥースホワイトニングの使い方

 

さっきのところで、きちんとシリコンをつまんでいれば、
ジェルが上図のように、ビーカーに注入されています。
後はそれを、歯ブラシに垂らすだけ。

 

ちゅらトゥースホワイトニングon歯ブラシ!!

ちゅらトゥースホワイトニング使用5秒前

 

後はここから歯を磨くだけ。
1日最低2回ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨いて、
私の歯は白くなりました。

 

効果が出るまでもちろん、個人差はありますが、それでも、
口コミで高い効果実感を感じている方が多数いらっしゃいます。

 

これだけ簡単にホワイトニングできて、
実際に歯が白くなれば、これほど嬉しことはないですね☆
興味のある方はぜひチェックしてみて下さい!!

 

今回ご紹介した使用方法を参考に、あなたも毎日楽しく
ホワイトニング習慣しちゃいましょう♪
今なら期間限定で、特別モニターコースで2,000円OFFでご購入いただけますよ!!

 

らトゥースホワイトニングの詳細

こちらクリックて下さい。

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細


ちゅらトゥースホワイトニングの使い方の補足

ここで2点補足の説明をします。
上記が、ちゅらトゥースホワイトニングの使い方の説明なんですが、

 

気を付けなければならないことが他にもあります。
とは言え、別にちゅらトゥースホワイトニングが難しい訳では全くなくて、
一般的な歯ブラシの使い方にも精通します。

 

仮に、ちゅらトゥースホワイトニングを使っていない方でも、
この歯磨きの使い方は意識しておいて損はないと思います。

 

使い方の補足@強く磨きすぎない

ちゅらトゥースホワイトニングには、研磨剤は含まれておりません。
なので、成分的には、歯を痛める心配はないのですが、
歯を直接的に保護する力は持っていません。

 

つまり、強い力で歯を磨いてしまうと、歯のエナメル質を
傷つけることになってしまい、その傷の隙間に汚れが付着してしまいます。

 

この使い方だと、せっかく一生懸命ちゅらトゥースホワイトニングで歯を白くしても、
傷の隙間に入り込んだ汚れが繁殖してしまい、歯を変色させてしまいます。

 

それで、『ちゅらトゥースホワイトニングは効果がない!』
なんて言ってもお門違いですよね(笑)

 

あなたは、歯磨きの時。歯を強い力で磨いていませんか??
そうすると逆に歯を痛める結果になってしまうので、注意しましょう。

 

 

使い方の補足A歯ブラシを水につけない

歯ブラシを水につけて歯を磨く使い方をしている方もいるんじゃないかと思います。
かく言う私自身がそうでした。

 

歯ブラシを水に着けて使うと、歯磨き粉の伸びがよくなって、
なんとなく効果がありそうな感じがしますが、歯ブラシを水につけてから
その上に歯磨き粉を付けると、歯磨き粉の成分が薄まってしまいます。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨く時も同様、
歯ブラシに水を付けてから歯を磨く使い方はやめましょう。

 

『歯ブラシは乾いた状態で使うこと』

 

というのを意識してみて下さいね。

 

正しい使い方が、あなたの歯を白くする

いかがでしたでしょうか??もちろん、歯を磨くときに
気を付けないとならないことはもっと沢山ありますが、
まずはこのページで書いてあることを意識的に取り組んでみて下さい。

 

そうすればきっと、あなたの歯はより美しく綺麗になるはずです(^^)
最後まで読んでいただいてありがとうございました。